SSHとは!出来ることとは!メリットは

sshとは、Secure SHell (セキュア シェル)の略です。



ネットワークを介して、遠隔地から安全にリモートログイン
コマンドを実行したり、他のコンピューターにファイル転送したりする為のプログラム

そのときの通信内容は、暗号化されることで、
通信の機密が保たれ安全性を高めます。


要するに、通常、家庭内や職場でのネットワークでは、
LANを組んで、他のパソコンの操作する事は可能なんですが、

SSHの場合は、
そのLANから離れた場所からでも、他のパソコンの操作できる技術です。



リモート操作する場合には、通信が暗号化により、安全に操作ができます。



telnet(テルネット)とSSH の違い

telnet(テルネット)も、同じように、遠隔操作(リモート)することが可能ですが、
SSHは、通信を暗号化することで安全性の高い操作を実現しています。


ですので、現在は、通信を盗聴される危険性のない、
セキュリティ面で優れている「SSH」が主流となってます。




SSHを使って出来ることとは!メリットは

SSHが利用可能な、レンタルサーバーなら
サーバーに、リモートログインして操作可能です。


サーバー上でのファイル操作、
設定ファイル等のテキスト編集などを、行うことができます。


但し、UNIXの知識・操作するコマンド・アプリケーションの知識
が、必要となり上級者向けのサービスとなります。


一端繋がってしまえば、

例えば、データーのバックアップをしたい時なども、
SSHを接続、サーバー上で圧縮(ZIP)して、ファイルの一括ダウンロードできる

作業時間も、大幅に短縮する事ができます。



もちろん、FTPでも問題なくダウンロードできますが、
10分の1位の速さでダウンロードできると言われております。


そういった意味では、
SSHでサーバー上にアクセスできれば、


アップロード・ダウンロードの大量ファイルの時間短縮
が、できる事になります。


その上、サーバー上で直接ファイルを編集できるので、

FTPで一端ローカルにダウンロードして保存、
編集後、再度アップロードするなどの手間がはぶけます。


HTMLファイル等の編集も、直接行えられるので、煩わしい手間がはぶける


もちろん、最大のメリットは、暗号化による通信ですので、
通信を盗聴される危険性を回避して、安全に操作ができます。