サーバーを守ってるRAID(レイド)について


戻る 戻る

RAIDとは

RAID(レイド)とは、「Redundant Arrays of Independent Disks」の略字で、複数のハードディスクを組み合わせてひとつのドライブのように認識・表示させる技術です。

要するに、複数のハードディスクを利用することで、データの安全性やアクセス処理の向上を目的としたシステムで、その、「RAID」は耐障害性や高速化の向上などの実現させる機能を、「RAID 0からRAID 6まで」7種類の構成に分類されております。


RAID導入の目的「処理速度の向上」「保全性の確保」

大量のデータアクセスが予想されるレンタルサーバー事業者では、高速のデータ転送が要求されまが、1台のハードディスクのデータ転送速度には、限界があります。

また、ハードディスクは、故障が起こりやすい精密なパーツなので、1台のハードディスクに大量のデータを管理する事は、危険が伴います。



レンタルサーバーを借りる上で、重視しなければならないポイントの一つに、データの安全性が上げられます。

レンタルサーバーを借りる事によって、サーバー上には、多くの重要なデータが蓄積されていきます。
場合によっては「顧客データ」「各種の個人情報」など、重要性の高いデータも取扱う場合もあるでしょう。



そういったデータを高速に読み書き可能で、万が一に災害や故障などのトラブルがあった場合でも、データを保全できる仕組みを、レンタルサーバー事業者では、代表的な「RAID」を採用しているケースが多いです。



最近のレンタルサーバーでは、「RAID」が標準装備!

RAIDの搭載のメリット




導入されやすいRAID構成

RAID-0 は、複数のハードディスクを組み合わせて一つのストレージとして扱う仕組み

ハードディスクデータの読み書きの処理を、複数のHDDに対して分散して行う事で高速化を図る仕組みで、合計のデータ領域を複数台で分散により、データアクセス速度を高速化しデータの取り扱いをスムーズに行えます。

但し、「RAID-0」では、ハードディスクのアクセス速度の向上が目的で、データの保全性の確保ではありませんので、1台でも故障が発生してしまうと、全てのデータが読み出せなくなります。

RAID-1 は、同一内容を常時2つのディスクに別々に書き込む技法

常に、データをコピーして保存することで、1台のハードディスクに障害が発生しても、他のハードディスクでデータ処理が出来る為、システムは稼働し続けるながらトラブルの復旧を迅速に行います。

但し、両方に同じデータを書き込むことになるため、同時に2つのディスクに障害が発生した場合には動作不能となります。

RAID-5 は、「RAID-0」と同時に、パリティも計算・生成してディスクに書き込む仕組み

これにより、ハードディスクの構成うち、1台に障害が発生しても、残りのデータとパリティを元に欠損したデータを算出、完全な状態のデータを生成することができます。

但し、HDD構成のうち2台以上に障害が発生した場合には動作不能となり、データの再生・修復も不可能となります。

また、3台以上のHDDが必要な為、導入コストが若干高くなります。

RAID-10 は、「RAID-0」と「RAID-1」を組み合わせた構成です。

「RAID-0」の特徴である、HDD大容量、データアクセス速度を高速化と「RAID-1」の特徴である、常にデータをコピーしディスクの障害からデータの安全性と組み合わせた構成です。

各HDDがそれぞれ2重化されている状態となりますので、それぞれのミラーセットの両方のドライブが同時に壊れなければ、継続稼働可能です。

最低4台のHDDが必要な為、導入コストが高いとされております。