PHPとは

PHP : Hypertext Preprocessor
(ピー・エイチ・ピー ハイパーテキスト プリプロセッサー)の略です。

PHPは、サーバーサイド・スクリプト言語の1つになります。




サーバーサイド・スクリプト言語とは、

サーバー側で、動作、処理を行うプログラム言語で、
プログラムの実行要求される毎に、ブラウザーに送信するプログラムです。


他にも、「Perl/Ruby/Python」があります。



PHPは、最も多く使われてるオープンソース

WEBページを、動的に生成させるページを作成するのに
向いているプログラミング言語です。

特に、WEB開発に適しており、
アプリケーションの開発者に使用されてるのが、PHPです。

HTMLに埋め込むことができ、軽く高速な動作が特徴です。





PHPで何が出来る!


PHPで何が出来る、と言うより何でも出来ます。

CGIは、「Perl」のプログラミング言語で作られてるのですが
CGIで、出来る事は全て行うことも出来ます。

と言うより、PHPは、「Perl」より、とても簡単に高性能と言えます。
また、負荷が少なく、動作が軽く処理します。







WEBサイトを作成するツールに、ほとんど使用される事もあって
ほとんどの共有レンタルサーバーで、PHPが利用できるのが主流です。



PHPが動作することによって、ホームページ制作ツールが利用できたり、

PHPとデータベースMySQLを連携して、
CMS(コンテンツ・マネージメント・システム)をインストールすることが可能



WEBサイトのアドレスで、「.html」「.htm」が記載されてなく、

「.php」と記載されてるサイトを見たことがあると思いますが、
それらは、PHPを利用して作られてるWEBサイトになります。




主に利用できるCMS

  • WordPress(ワードプレス)
  • Movable Type(ムーバブルタイプ)
  • XOOPS(ズープス)
  • WiKi(ウィキ)
  • ZenCart(ゼンカート)


など、他にもたくさんあります。



PHPには、バージョンがあり「PHP4、PHP5.1、PHP5.2、PHP5.3」など

レンタルサーバーによって、
バージョンの対応が異なりる形になりますが、



複数のバージョンを、管理画面で切り替えて利用する事も
レンタルサーバーによっては出来る場合もある



「アプリケーション」と、PHPバージョンが合わないと
動作しないのもありますので注意が必要です。