HTTPステータスコードとは!代表的エラーコードの意味

HTTPステータスコードとは

HTTP(コンピュータ同士の通信)において、Webサーバからの応答の状態を
表現する為に、3桁の数値からなるコードのことです。



HTTP(通信)ステータス(状態)コード(数値)

webサイトにリクエストがあった場合、
サーバーに送信(通信)され、ステータス(状態)をやり取りして、

レスポンスの意味を、必ずコード(数値)で返しています。
レスポンスとは、反応、返答、返信などの意味)



これは、Googlebotがページをクロールする場合も同じです。



ステータスコードは、
3桁の数値が割当られており、100番台から500番台で表現されており

それぞれ、異なった意味を持ってるコードになります。


webサイトを開くと、たまに

「401 Unauthorized」アクセスしようとしたページは表示できませんでした。
「404 Not Found」指定したページまたはファイルは存在しません。


など、正常に処理されなかった場合、見かけることがあると思いますが、
それが、ステータスが返された状態です。


カテゴリカテゴリの意味
100番台インフォメーション(案内)
200番台正常に処理 リクエストを正しく処理したことを示す
300番台リダイレクト(移転通知)
400番台クライアント側のエラー
500番台サーバ側エラー(処理失敗)

200番台:リクエストに対して、正常に処理をした場合に通知する
     (通常は200のステータスコードを返してる)


300番台:リクエストに対して、別のURLに転送した場合に通知する


400番台:クライアント(ユーザー)側のリクエストに対して、
     エラーがあった場合を通知する


500番台:サーバー側の問題で、処理中にエラーが発生した場合を通知する




代表的なHTTPステータスコード(エラーコード)

HTTPステータスコード(エラーコード)

200:要求は正常に終了
  リクエストした動作を、正しく成功した場合に、
  返されるステータスコード


301:恒久的に移動
  リクエストされたページは、新しい場所へ完全に移動された時に、
  返されるステータスコード


302:要求されたURIは一時的に移動
  リクエストされたページは、一時的に別の場所に移動してる時に、
  返されるステータスコード


400:アドレスの間違い
  URLの間違いで、サーバの認識できまかった場合に、
  返されるステータスコード


401:認証失敗
  認証が必要なページに、ID/パスワードが誤る場合に、
  返されるステータスコード


403:サーバが要求の実行を拒否
  アクセスの権限を禁止/許可してない場合に、
  返されるステータスコード


404:目的のページが存在しない
  アドレスが削除された場合など、リクエストのURIと一致するものを
  見つけられなかった場合に、返されるステータスコード


410: 目的のページが存在しない
  そのリクエストは、完全に削除されて無くなって、
  転送先のアドレスも分からない場合に、返されるステータスコード


500:実行を妨げる
  予期しない状態やCGIなどのエラー時で、リクエストを実行を妨げる場合に、
  返されるステータスコード


503: 一時的な問題で サーバーにアクセスできない
  一時的なメンテナンス中、或いは 過負荷の為、
  一時的にリクエストに答えられない場合に、返されるステータスコード