Googleに睨まれない!リダイレクト(転送)の有効活用法

Googleに睨まれないリダイレクト

様々なケースで、リダイレクト(転送)する場面があると思います。
肝心な事は、検索エンジン(Google)に対しても、有効な方法で行わなければなりません。

そこで、今回は、どのようなケースの場面で、リダイレクト(転送)するか確認したいと思います。
リダイレクトの作成方法は、ページの最後!




リダイレクの有効活用! ケース1~ケース5

ケース1

重複コンテンツを統合させたい!

「www 有り」「www 無し」及び「index.html 有り」「index.html 無し」
統合させる必要があります。

同じページを複数持ってる事は、検索エンジンにとって不利に働きます。
Googleでは、重複コンテンツの正規化を進めております。




ケース2

何かしらの理由で、「webサイトのドメインを変えたい」
なんて事を考えた事はありませんか?

だけど、ドメインを変えちゃったら、せっかく検索結果が上位だったものや、
Googleページランクの評価を失う事で、ためらってる方も多いのではないでしょうか

SLL化も、「https」ドメインが変わることになる
新しいドメインに受け継がれる形で、ドメインを変える(変更)する方法です。




ケース3

例えば、作成したwebページが「A」「B」「C」と3つのページがあって
そのページは、同じようなテーマなので、「1つのページにまとめたい」と、
思うときはありませんか?

若しくは、ページ内容は同じテーマだけど、「タイトルを変更したい!」
要するに、URLを変えたい時です。




ケース4

例えば、webページを完全に削除したい、若しくは「削除した」場合は、
404 Redirect(404リダイレクト)として返されています。

Googleのウェブマスターツールに、
クロールエラーとして、404が表示されてるはずです。

このまま、ほっとおいても問題ありません。
webサイトの検索結果に影響がでることもありません。

ですが、もしかしたら、削除したページにアクセスがくる場合もあるかもしれません。
リンクを貼ってる方もいるかもしれません。




ケース5

レンタルサーバーのサーバー負荷が原因の時やCGIなどのエラー時に、
一時的にオフラインになる場合があります。

あまり長時間であれば、検索結果にも影響が及ぼします。

ですので、検索エンジンのクローラーに、
「503」として、認識してもらう必要があります。

クローラーは
「一時的のダウンですね、しばらくすれば復旧するんですね」
と認識してくれます。




リダイレクトの作成方法

Googleに睨まれないリダイレクト

本来の目的をいつだつした、
リダイレクト方法は、Googleでは、注意深く監視してるようです。

無条件に301リダイレクトの処理をして、
Googleに睨まれるないようにした方がよいです。


リダイレクトの作成方法

リダイレクトとは
wwwの「有り/無し」の統一リダイレクトの設定方法
301リダイレクトの設定方法
エラーページの404には利便性の高いものに、その作成方法と注意点


ステータスコードの確認したい場合

リダイレクトチェック


301にリダイレクトした場合、「古いページはいつ削除するんですか?」と考えてしまいますが削除しないで、そのままでいいです。