DNSとは!名前解決メカニズム

DNSとは(Domain Name Service)(ドメインネームシステム)の略です。

IPでアドレスとドメイン名を、紐付け(管理)してくれるシステムのこと



ホスト名(ドメイン名)を、IPアドレスに変換する為の、
「名前解決メカニズム」の事になり、また、この逆を求めたりする事もできます。

IPアドレスとは、インターネットの住所と言われていて、同じ番号はありません
コンピューター、1台1台に、割り振られている番号です


ただ、「111.222.333.444」「111.222.333.445」
この様に、番号だけでは、人間にとって、識別ができないので


人間が認識できるように、ドメイン名をあてがって、分りやすいようにしている


で、IPアドレスと、ドメイン名を、紐付けてくれるのがDNSサーバーです。
ネームサーバーと呼ばれてる方もいます。  ネームサーバとは



要するに、DNSは、ホスト名(ドメイン名)を元に、
IPアドレスを教えてくれる、役割を果たしています。

ネットワークでは、IPアドレスを使って、通信相手を特定してますが、
そのIPアドレスを、覚えやすいように、ドメイン名が利用されている訳です

そこで、ドメイン名を瞬時に
IPアドレスに変換してくれる訳ですので

携帯電話で、電話をかける時に番号ではなくて、
名前や会社名を登録した「アドレス帳」から探し出すように、

いわば、DNSの役割は「アドレス帳」と、言ったとこですね!
ドメイン名と、IPアドレスを、変換してくれる訳です。




例えば、ブラウザから、WEBサイトにアクセスした場合

「www.○○○○.jp」にアクセスした時に、自分のコンピューターに、
相手先のIPアドレスを、教えてもらわなければ、WEBサイトは開く事ができない!

そこで、管理してるDNSサーバーに、
「www.○○○○.jp」のドメイン名の、IPアドレスは何番ですか?

と、聞いてくれてますので、IPアドレスは何番ですよ、と返します。




ですので、瞬時に、「名前解決メカニズム」によって、
WEBサイトに訪問する事ができます。




DNSは、
コンピュータを識別するための、大きな役割を担ってる事が解ります。



その他にも、 メールの送受信する時の、メールアドレスも
IPアドレスに変換してくれるので

配送する仕組みにも、大きな役割を果たしてます。



と言う事なので、

ドメインを取得した場合、
どのサーバーを利用するのか? IPアドレスの設定で教える必要があります。



いわゆる、ネームサーバーの変更です。



サーバー管理者と、ドメイン管理者が同じならば、
変更する必要がありません、自動的にネームサーバーに設定されてます。



サーバー管理者とドメイン管理者が、別々だと、
ネームサーバーの変更が必要になります。