301リダイレクトの設定方法(ドメインの変更)

webサイトをリニューアルした時など

古いURLをそのままにしていませんか?


適正な処置をすることで、SEOとしても有効に働きます。

「301 Redirect(301リダイレクト)」
「HTTPプロトコル」という規格で正式に定められた方式です。

Googleはドメイン移行の場合には「301リダイレクト」を推奨しています。
リダイレクトとは



【301リダイレクトの具体的な設定手順】

「.htaccess」のファイルを利用する方法

「.htaccess」ファイルの作成と記述

「.htaccess」のファイルを利用する方法です。
「.htaccess」のファイルの作り方は、テキストエディタを使います。

テキストエディタで.htaccess.txtというファイルを作り以下の記述を記載します。
メモ帳で作成しても問題無いようですが、出来れば、高性能なテキストエディタで

テキストエディタが無い方は、こちらからダウンロードして下さい
【FREE】テキストエディタの定番と言えば!Windows10対応




【注意】


ファイル名は「.htaccess」にするのですが、「.」を拡張子として認識する為、
仮に「a.htaccess」とした名前で作成しておく

FTPにアップロードした後に、「.htaccess」に名前を変更します。
「.」ドットは、必要ですので消さないでくださいね。

元々「.htaccess」が、存在ていている場合は、新たに作成する必要は無いです







webサイトのドメイン移転をした場合

ドメインだけ移行で、ディレクトリ名はそのまま変わらない
  (下層ページ(個別ページ名)のURLは変わらない)

作成した「.htaccess」ファイルに記述

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteRule (.*) http://www.○○○○.com/$1 [R=301,L]

「www.○○○○.com」にリダイレクト(転送)

※新しいURL:「www.○○○○.com」 ご自身のURLに置き換えます。 
※[R=301,L] を302に記述すると「302リダイレクト」になります。

「Options +FollowSymLinks」シンボリックリンク


仕様によっては、1行目の「Options +FollowSymLinks」を入れると、
500のエラーが表示されて、失敗する場合があるようです。
その場合は、1行目の「Options +FollowSymLinks」をはぶきます。



記述できたら、
仮に「a.htaccess」と名前にして、文字コードを「UTF-8」で「txt」で保存します。



個別ページをリダイレクトしたい場合
  個別のページから個別のページにリダイレクト(転送)

作成した「.htaccess」ファイルに記述

redirect 301 /○○○/△△△.index.html http://www.○○○.com/□□□.index.html

「/○○○/△△△.index.html」から「www.○○○.com/□□□.index.html」
リダイレクト(転送)

※古いURL 新しいURL は、ご自身のURLに置き換えます。
※続けて記述する事で、複数の設定が可能です。




「http」から「https」に、ドメインを変更した場合

HTTPSにリダイレクト

作成した「.htaccess」ファイルに記述

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{SERVER_PORT} !^443$ [OR]
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://www.○○○○.com/$1 [R=301,L]

「https ://www.○○○○.com」にリダイレクト(転送)

2行目と3行目は、通常は同じ意味になる様なので、
2行目は、はぶいても問題ないようです。



記述できたら、
仮に「a.htaccess」と名前にして、文字コードを「UTF-8」で「txt」で保存します。




「.htaccess」ファイルのアップロード
作成した「.htaccess.txt」をアップロードします。

アップロード先は、ルートディレクトリ
(トップページの「index.html」が入っている、一番上のフォルダ)

FTPソフトが無い方は、こちらからダウンロードして下さい
無料で使える高速FTPソフト

ステータスコードの確認したい場合は
リダイレクトチェック