法人向けで求めるレンタルサーバー!選び方のポイント

法人向け・ビジネス向け
何を重点において、必要になるのか? 把握することが大事になる!

重要なデータ(顧客情報)を扱っている場合や、
直接、収益につながるサイトなどは特に

「法人向け・ビジネス向け」レンタルサーバーを選ぶ事になるが
サーバー会社によっては、比較するポイントが異なる




法人向け ビジネス向け|レンタルサーバーの選び方

法人向けのレンタルサーバーの特徴として
8項目が大きな要因になるので、まずは選び方として、これらを把握する!

WEBサイトの管理者が複数いる場合や
複数のユーザーで、メールアドレスが割り当てられている場合など、

担当者毎に権限を与えられて、管理画面で操作など、設定が行える
ユーザー管理機能が搭載していると、法人向けとして利便性が良い

稼働率に関しては、100%の安定性と共に
SLA(品質保証制度)を設けているレンタルサーバーが安心できますね

ただ、100%稼働率だけに、目を向けないで、サーバー性能も視野に入れないと
共用サーバーは特に、503エラー等でサーバーダウンも考えられる!

重要なデータを扱っている場合は特に、バックアップは外せない機能で
1週間2週間、さかのぼってデータの復旧を自動で行えるもの

もちろん、データベースのバックアップも当然としつつ
尚且つ、同じハードディスク内ではなく、別のサーバーに書き込むのがベスト

「マルウェア、不正な改ざん」等で、WEBサイトに埋め込まれる被害も多いことから
定期的に、WEBサイトのセキュリティ診断が行える機能

セキュリティ診断結果を通知してもらえるので、即座に対応が可能となる
特に、重要な顧客情報を扱う場合は、重視したい機能になりますね!

WEBサイトの改ざん、データベース情報不正入手など
アプリケーションのぜい弱性を狙ったサイバー攻撃をブロックするのが

WAF(ウェブアプリケーションファイアーウォール)機能
IDS/ADS(不正侵入検知)

続きを読む WAFとは

迷惑メールフィルター とは、受信された、メールを分析して、
設定された条件で、迷惑メールと自動で判断する機能

迷惑メールやフィッシング詐欺メールの受信を、未然に防ぐ上で非常に役立つ
スパムフィルターとの呼び名で、サービスを行ってる場合もあります

個人情報や決済情報などを、安全に扱う上でも、安心感を与える上でも、
SSLサーバー証明書は、必要不可欠となり、GoogleからもSSL化を推薦されている

企業認証SSL / EV認証 SSL などが扱っていて
尚且つ、ブランドのSSL証明書を取得できるのも、選ぶ基準になる

続きを読む SSLサーバ証明書とは

担当者が、WEBサイトを管理する上で、
迅速に対応してもらう為にも、電話サポートは必見になる!

続きを読む サポート体制とは


格安で提供している「レンサバ」のほとんどが個人向け
  であることが多いので、法人用として提供しているものを選ぶ!

レンタルサーバー会社によっては、特徴も異なる
  価格はもちろん、何を重視するのか? 選定基準(8項目)を把握する

サポートレベルにも着目して、サポートの取り組み方にも視野に入れる
  電話サポートのあるものを選ぶ!専任スタッフで顧客サポートが充実してると尚良い