レンタルサーバー!料金設定に大きな違い?何が変わるの?


数え切れ ないくらい!サーバーのレンタル事業社
レンタルサーバー会社は、ほんと数え切れないほどあります。
費用的には、100円から数千円と幅も広い 設定です。


にも関わらず、同じようなサービスにも見えます。

だけど、同じように見えるけど、
提供してるサービスは、やはりサーバー事業者によって様々です。




値段が違うのはなぜ!どの部分が大きな差があって、
反映するところと言えばどのような事になるんだろうか?




サーバー構成とレンタル料金の関係

レンタルサーバーの事業は、パソコンを使う環境と同じで、

「OS・CPU・ RAM ・HDD・ RAID」などの構成と
回線環境及び、それを収容してる収容設備が違います。



要するに、

サーバーを動かす「OS」、があって、処理速度を決定付ける「CPUや RAM」、
データを記録する「HDD」や「RAID」などで構成されてます。



もちろん、インターネットを使うので、回線帯域幅も違いがありますし、
サーバーを収容してる、設備環境も違いがある。



ですので、そう言った、
サーバーの環境に見合った、レンタルサービスを提供する事になる!



で、レンタルサーバーには「制限」を設けてます。

1台のサーバーに、何人で利用するか? 収容人数であったり
サイトの表示される度に、データーを転送する、転送量の制限
同時アクセスが可能になる、同時アクセス数の制限



などなど


その制限内で、共用にレンタルサーバーを使うことになります。
ので、それに見合った価格設定になるようです。



あと、多くのユーザを確保するなど、
企業努力でコストを下げるなど、もちろんありますが



なかなか利用者数が少ない、サーバー会社は、
企業を維持する為に、逆のパターンもあります。



また、大手のレンタルサーバー会社に、価格を合わせるために
何十何百と必要になるサーバー自体を、中古でそろえてくる場合もある



いずれにしても、サーバーのレンタル料金は、
構成状況で価格設定して「機能、サービス」などの付加価値を付けています。




サーバのレンタル料金に反映する部分は!

価格設定に大きく反映するところと言えば

 (1)スペックなど環境の違い
 (2)1台のサーバーの共有人数(ユーザー数)の違い
 (3)1人に割り当てられる容量の違い
 (4)1人に割り当てられる転送量の違い
 (5)無料で使える様々なソフト、あるいは機能サービスの違い


と言ったところです。



目に見えない部分

レンタルサーバー会社は、
何台もサーバーを維持する事になり、当然サーバーのグレードも違いがあります。

サーバー等の導入価格も、高性能になればなるほど、
高価格で導入してます。

ですので、高性能の環境であれば、価格設定も変わってくるのは当然と言えます。
(OSとかは、公開してるとろも多いですが、細かい部分は非公開です。)



次に1台のサーバーに、何人のユーザーと共有するかと言う問題ですが、
スペック・回線環境などにより収容人数が変わってきます。

ですが、大勢押し込めば押し込むほど、
それだけ事業者のコストも抑えることができます。

その分負荷がかかり、
満足のいくサービスを提供できなくなる場合もあります。


例えば、
サーバーを10台確保して、1台当たり200人で共有してるのと
サーバーを10台確保して、1台当たり100人で共有してるのと

では、当然提供できる価格の違いもでてきます。
と同時に、負荷との関係にも関わってきます。


少ないにこした事はありませんが、
低料金の設定する場合の収容人数が、多くなるのは当然の事かもしれません。



とは言え、

多くのユーザーと、一緒に使うことになるわけですから、
均等に利用できるように構成、プラン毎に同時アクセス数を設けて



「これ以上の規模のサイトは、上位プランを使ってね!」
「これ以上は、うちでは対応できないので、他社のサーバーを使ってね!」



と言う形で、対応されることになりますね



レンタル料金に反映する箇所と言えば、
目に見える部分

機能面は、レンタルサーバーのサイトのカタログ値を見れば、確認できます。

「容量」「マルチドメイン数」「データベース」「転送量」「メール機能」などや
「CGI/SSI/PHP/SSH」などが使えるかとか、「アクセス解析」とかのサービス面

などなどの機能面で、価格設定も変わります。



ただ、近年は価格競争も激しい事もあって、
標準的に使えて、格差が無くなって来てるのも事実です。

低価格で大容量であったり、無制限であったりします。

ですが、価格帯によっては、「容量」「データベース数」「転送量」などの
値は変わってくるようです。




「サーバーのレンタル料金が全然違うのはなぜか!」まとめ

レンタルサーバーの
レンタル料金は、サーバー事業者によってまちまちです。

ですが、レンタルサーバーのカタログ値だけで、
「高い・安い」の判断で、決められない部分です。


サーバー構成・回線帯域幅も重要な役割を果たします。



共用のレンタルサーバーは、複数のユーザーと共に使うわけですから、
負荷が掛かってしまうリスクがある訳です。


ブログ形式の、個人向けwebサイトであれば、
ある程度のレンタルサーバーで満足することもできます。


逆に、「webサイトを複数作りたい、アクセスも○○万vpある」となれば
高性能で高環境によるサーバーでないと満足できません。


満足いく、レスポンス(反応する速度)を求める場合であっても、
あなたがどの様なwebサイトの構成かにもよるでしょう。


ですので、あなたがやりたい事を、
満足できるレンタルサーバーを、選ぶことになると思います。



あと、レンタル料金は、
サービス面でも影響する場合があり



要するに、人件費が掛かるサービス提供であれば、
当然、レンタル料金に関わってきます。

例えば、電話サポートとかです。


そう言った、安心できるようなサービスで、人の手間が掛かる場合は、
「安心」を、買うと言ったことにもなると思います。