共有レンタルサーバーとは


戻る 戻る

共有レンタルサーバーとは

1台のPCサーバーを複数の契約者(数十人~数百人)で共有して使用するのが
共有レンタルサーバーです。



ですので、サーバーに与えられた、IPアドレスを共有します。
IPアドレスとは、は、よく「住所の様に」と例えられてます。



共有レンタルサーバーの特徴としては、サーバーの知識が無くても、
初心者の方であっても、気軽に使うことができます。



要するに、サーバの運用・管理と言ったことは、
レンタルサーバー会社で行ってくれるので、非常に使いやすい物となります。


逆に、専用サーバーとかになると、ある程度知識も必要になると言う事です。



メリットとしては、管理・維持費を複数の契約者が共同で負担するので、
低額の料金設定で使用可能です。



月額、100円台、500円台、800円台、1、000円台、1、500台、1、800円台など
価格設定は、幅が広いですが、「VPSサーバー」「専用サーバー」と比較すれば、
断然、格安の値段で、レンタルサーバーを借りられます。



但し、1つのサーバー(メモリ、CPUなど)を、共有することになるので、
サーバーの負荷が多ければ、サーバーの動作が遅くなる場合もあります。
(レンタルサーバー会社によって割り当てるユーザー共有人数は様々です)



ですので、安いからと言っても、共有人数が多くなる場合があるので、
その辺も、視野に入れておく必要があります。



また、共同で使うのですから、レンタルサーバー会社のルールがあります。
それぞれのレンタルサーバーで異なりますが、「規定や制限」を設けており、
共有者同士が快適に使えるように提供してます。



一概に言えませんが、
この制限は、ある程度、価格に反映してるので、格安の物では、制限もきつくなるようです。



制限とは、公表してない部分も含まれてるのですが、
「ディスク容量」「データベース数」「データ転送量」「収容人数」などなどなど・・・・
いろいろあるでしょう。



もちろん、サーバーに高負荷を与えるプログラム等は厳禁です。
極端に、大きい負荷を掛けてはいけない事になってます。



共用レンタルサーバーのメリット

  • 月額費が安く借りられる
  • 誰でも簡単に使うことが出来る

共用レンタルサーバーのデメリット

  • 制限が多く自由度が限られくる
  • 共有サーバーなので、負荷が掛かれば、その影響が出る



メリットもデメリットもありますが、
個人ユーザーであれば、ある程度、共有サーバーで事足りる事が大きいです。



使用用途で異なりますが、大企業や、特殊なサイト運営で無い場合は、
共有サーバーの利用で、十分機能するレンタルサーバーが多いと思います。



安価で、ホームページとメールを始めたい方に
最適なのが共有レンタルサーバーになる。

おすすめしている共用のレンタルサーバーはこちらですね!
この共用レンタルサーバーをおすすめ!するには当然理由がある




レンタルサーバーには以下のような種類があります。

VPSレンタルサーバーとは(仮想サーバーとも呼ばれています)
専用レンタルサーバーとは(自分専用のサーバーが持てます)

サーバーの選び方|ここが知りたい! レンタルサーバーに関して