個人向けで探してるレンタルサーバー!比較対象はこれでしょう

数あるレンタルサーバーの中から厳選しました!

ごちゃごちゃ言ってもしょうが無いので、端的にまとめたので
ご自身の用途に合わせて選んで見てください

詳細的なことは「詳細・評価」ページ等で確認して!




個人利用として、価格がネックにならない物をピックアップ

価格と機能のバランスが取れていて、他社に比落ちしないものを使いたい!
適正な収容人数で運営して、ある程度、安定・快適を確保できるものを使いたい!
アフィリエイト的な用途としても、問題なく利用できるものを使いたい!
何か困った時に、サポートがずさんな形で対応されないものを使いたい!




ロリポップ!

ロリポップ!
おすすめ度  90%

個人向けとしたターゲットが強くサービスも充実、人気・需要は申し分ない
使えるツールもたくさんあって、なんでもそろってる感じ、一番、無難敵ではある




ラクサバ

ラクサバ
おすすめ度  85%

スペックは良い方で、収容人数も低減設定にしてるので、その分快適に動く
ただ、他と比較しても、容量やマルチドメインなどが、やや少なく設定されている




ミニバード

ミニバード
おすすめ度  85%

基本的な機能以外は、ほとんどサービスが無い、ただ、スペックは良い方だ
非常にシンプルでいいのだが、何か物足りない感が、でも表示速度は期待が持てる




ファイアバード

ファイアバード
おすすめ度  75%

ミニバードの上位版、データーベースは10個と少ないので、WordPressは10まで
ただ、ある程度の高負荷に強いサーバーになり、表示速度は期待がもてる




コアサーバー

コアサーバー
おすすめ度  80%

高性能と呼ばれているサーバーの1つで、許容負荷率等の記載があり、目安になる
ただ、ちょっと癖が強いサーバーになるので、初めての方は別の物を選んだ方が良い




さくらのレンタルサーバ

さくらのレンタルサーバ
おすすめ度  80%

法人向けに力が入ってるサーバーではあるが、下位プランで個人向けを用意している
個人利用としては、スタンダードプランが多い、転送量は、バカ見たくめちゃデカイ







個人運営として、もうワンランク上のサーバーを使いたい!

パワーサイトを、何十個も複数作りたい!
ある程度、アクセスが爆発しても、高負荷に耐えれるサーバーを使いたい!
安定性・表示速度を重視したWEBサイトを作りたい!
SOHOとして、ビジネスを行なう上で、最適なサーバーを使いたい!




エックスサーバー

エックスサーバー
おすすめ度  100%

エックスサーバーを使って、困ることは無いでしょう!ステータス感も強く持てる
機能面の強化など、サービスの展開がめちゃ早く行っていて、何と言っても高負荷に強い




ヘテムル

ヘテムル
おすすめ度  85%

専門性が高い!と言われ続けているようだが、実は、WordPressに力を入れている
性能は申し分がない、価格で断念してる方も、3年契約ができればコスパは非常に良い




お名前.comサーバー

お名前.comレンタルサーバー
おすすめ度  80%

機能・性能は充実していて、エックスサーバーを追っかけている感じがもてる
電話サポートが、24時間365日対応




コアサーバー

コアサーバー CORE-Bプラン
おすすめ度  75%

十分、良い高性能で負荷に強いので、ある程度は問題ないが、高負荷で退場になって
エックスサーバーに乗り換えて落ち着いた話はよく聞く!送信メール数の制限が大きい




個人向けのレンタルサーバー!

個人向けと言っても、使う用途は、様々あると思うんだが
基本的に、ブログ程度であれば、600円以内程度で、十分こと足りるでしょう!


ハッキリ言って、容量だの、マルチドメインだの、
データーベースなど、◯◯◯だの! 機能に制限はありますが


まぁ、まず、気にする必要はないね、ほとんどない!
もちろん、目的があるのであれば、その辺も踏まえる必要はあるんだが

そこまで、機能を使い切ることは、ちょっと難しんですよこれが


ですので、個人で使う場合で、
趣味やブログ程度であれば、200円~600円程度でいいと思う

まぁ、600円でも高いと思う方が、いるくらいですかね!


じゃ、安けりゃ何でもいいのか?と言う訳にはいかなくて
やはり、それ相応のものを選ばないと、あとで、ガッカリする事になっちゃう


基本的に、さっきも言ったが、

別に容量が50GBだろうが、10GBだろうが、
マルチドメインが100個だろうが、20個だろうが、

使う事がなければ何の意味が無い!


ですので、回線、ネットワーク環境がしっかりしてる運営会社で
共用サーバーなんで、適正な収容人数で運営してるところが中心になるよね


基本的に、レンタルサーバーは、
機能面も含めて、負荷を考慮して、制限を設けてます。


ですので、機能面であれば、使う?使わない?で、判断すれば良いですが
負荷に対しては、収容人数や転送量、同時アクセスなど、制限を儲けてる


ですので、
回線やネットワーク環境を踏まえて、適正な制限値でなければ、


機能面が豊富であっても、上手く機能しない!
要するに、使いものにならないって事になっちゃうね


まぁ、この辺は、非公開になっているので、もどかしい部分ではありますが
この制限値で、快適度とか、安定度なども変わってくるので


もちろん、価格だけで、優劣は付けれなくて、
性能が劣っているのに、サービスの付加価値で価格を上げてる場合もありますし


プラン毎に、優劣をつけたり、当然、他社とも、違いがあったり
やはり、人気、需要数が少なければ、強化体制も中々取れないでしょう!


そう言った意味では、
「価格・機能・性能」のバランスが取れているものを、ピックアップしましたので


あなたが、どの様な用途で、どの位の性能が必要なのか?も含めて
選んでみてください。




レンタルサーバー比較

性能が優れてる高機能サーバー

初心者向き(重視)で選ぶ、おすすめ

低料金(低価格)で選ぶコスト削減

性能が優れてる高機能サーバー

安定性(稼働率)で選ぶ信頼性の高い

XServer