レンタルサーバーのスペックで見極めるところを確認!

ホームページを公開するに当たって
       欠かせないのがレンタルサーバー




ホームページを公開する為の、データ保管場所として
レンタルサーバーを借りてる事は、ご存じだと思いますが



基本的に、レンタルサーバーも
あなたが使ってるパソコンと、同じ仕組みになってます。



「OS、CPUの性能やメモリ、HDD」



この1台のサーバーに
複数のユーザーと共有して利用する事になるので



当然のことながら、
サーバーの構成で、処理能力も変わってくると言う事です。



ですが、サーバーのスペックを公開してる
サーバ会社は、ほとんどありません。



公開してるのは、大体、サーバのOSの「Linux系かWindows系」か、
HDD構成のRAID(レイド)が、明記してるくらいです。



OSサーバを動かしているOS
CPUサーバの処理能力
RAMデータの記憶能力
HDD構成処理速度の向上と保全性の確保






OS:サーバを動かしているOS

レンタルサーバー会社で、採用してる「OS」は、
Linux/Unix系が、一般的になってるようですが、


Windows系しか動かないシステムを利用したい!と言う事で、
あえて、Windows系のOSで、提供してるサーバ会社を選ぶ方もいます。

OS

基本的に、どちらの「OS」が、優れている
と言う事はありませんが


「OS」によって、使えるソフトウエアが変わるものもありますので、
確認は必要です。(.htaccess等は、Windows系では利用できない)






CPU:サーバの処理能力

CPUの性能に関しては、
公開してるところは、少ないですが、一部公開されている場合もあり


サーバーの「頭脳」と言われてるところで
処理能力を決定づける部分でもある


価格設定にも、影響されるところになります。


要するに、高性能なCPUを搭載しているところは
レンタルサーバーの価格も、高めの設定になると言う事です。

CPU

ですので、
CPUの性能が良いと言う事は、


複雑で、多くの処理能力を問われるので
速く安定した能力を発揮できると言う事になります。


CPUには、「XeonやPentium 」など、色々ありますが
正直なところ、どれが良いのか分かりません。


基本的には、「1.8GHz」とか「2.4GHz」とか 
クロック数の数字が大きいほど、処理能力が速いと言う事になるようです。


ただ、数字が大きいから良いと言う事でもなく
CPUには、コア数もあって


簡単に言うと
コンピューターを、同時に動かす時に、作業を分担してくれる物で


CPUの頭脳の中でも、中核と言われており、
「コア2、コア4」と、数字が大きいほど、作業効率が計り


処理能力が速くなる訳です。


ですので、
共有サーバーにとっては、


「クロック数・コア数」の大きいほど
高性能な、CPUと思って良いのではないでしょうか






RAM:データの記憶能力

メモリは、良く耳にする事もあるかと思いますが
情報を記憶すると言う意味合いで、


メモリ容量が多いほど、
安定して速く動かす事が出来ます。

RAM

レンタルサーバーでは、
メモリ容量が、「2G・4G」が、一般的のようでしたが


近年は、「8G・12G・16G・24G」と、普通に使われるようになってきてますね!
因みに、エックスサーバーでは、96Gのメモリを積んでます^^;






HDD構成:処理速度の向上と保全性の確保

HDDは、
ディスク容量の、価格も下がってきてる事もあって


最近では、数十GBと、使い切るのが難しいほど
提供されてる、レンタルサーバーが多いです。

HDD

ただ、HDD構成のRAID(レイド)が
どのようになってるかも理解していた方が良いです。


RAID(レイド)は、
「処理速度の向上」「保全性の確保」の役割を果たすので


共有で使う、レンタルサーバーにとっては
RAIDの導入されているかを、見極める必要もありますね!




スペック



サーバースペックのハイグレードによって
表示速度など、快適に使えるかは、大きく関わってくるのですが

但し、共有して使うレンタルサーバーですので、
当然、それらの仕様も、別けあって使うことになりますね!

ですので、何人のユーザーと一緒に使うことになるのか?
収容人数も、重要になってくるので、やはり「ハイグレード仕様」は、大きです

その他、「転送量」「同時アクセス数」など、
機能によっても、制限を設けるなどしていて、

プランに見合ったものを、できるだけ平等に全員が使えるよう
「制限値」を設けて、サービスを提供することになる

とは言え、やはり、性能がわるければ、
突発的な負荷に、対応しきれない部分が出てくる事もあるでしょうね!


サーバー収容人数とは   データ転送量とは!計算してみると











レンタルサーバーを選ぶ基準として、ここだけは押さえてほしい!

初めての方がコストパフォーマンス以上に優れているサーバーを選ぶ為に、
失敗しない選び方をテーマに、ここだけは抑えて!迷ってる方はチェック

レンタルサーバーの選び方!9っの要素を把握
レンタルサーバー・ドメイン ここが知りたい!失敗しない為に
レンタルサーバーの価格一覧