レスポンスとは

「レスポンス」とは、と検索してみると

コンピューターの端末装置から動作命令を入力して、結果が戻されるまでの時間 

と解説されえます。

解り易く言うと、ブラウザでwebサイトを閲覧時の表示速度です。

影より速い陸上選手!

レンタルサーバー選びはレスポンスが決め手



これって、かなり重要で、

あなたも、検索して、訪問した時に、中々開かなかったり、
重たいWebサイトであれば、内容なんかより、すぐ閉じたりしませんか?



最近のレンタルサーバーは、
競争も激しくて、ある程度、期待に応えてくれるサーバーも多いかもしれませんが



サーバーの「OS」「CPU」「メモリー」や
「ネットワークの環境」や「回線の太さ」など、

あと、同一サーバー内の使い方によって、
大きく影響することを覚えておいてください。



サーバーの快適度の要素として、様々な、環境のなかで影響するってことですね
あなたが、パソコンの環境と同じことです。




レンタルサーバーを選ぶ際、Webサイトの表示速度!CGIの実行速度など、
一番、レスポンスにお悩みになることはありませんか?



容量やマルチドメイン対応などは、
最近であれば、使えきれないほどに提供されてることが多いですね

個人でブログ程度の運営であれば、
場合によっては、2、3GBでも使い切れないことも多いです。



そう言った意味では、価格や提供してるサービスなどで
お選びすることもしばしば見受けられます。



レンタルサーバーの場合、
複数人の、100人、200人、300人など、



サーバーを共有して利用することになるのですが、
収容人数は、ほとんど公開されません。



ただ、提供側のネットワークの環境にもよるので、
人数が多いから問題あるとは、言い切れない部分もあるでしょうし



バックボーンなどは、
公開されてるところも多いですので、ある程度目安になると思います。



ので、数値的に大きなど、レスポンスを前面に押してるレンタルサーバーは、
ある程度期待は出来ると思います。



ですが、レスポンスなどは、
どれだけ調べたとしても、使ってみないと、わからない部分も秘めています。



要するに、サーバー内での共有された方々で、
使い方の負荷も大きく影響されちゃう場合もあるってことですね



ですので、レンタルサーバーの「良いも悪いも」
賛否評論あるのは、当たり前かもしれません。



「高額なサーバーを借りたのに、レスポンスが悪い」
なって事が、あることもあるかもしれません。








レンタルサーバー比較

性能が優れてる高機能サーバー

初心者向き(重視)で選ぶ、おすすめ

低料金(低価格)で選ぶコスト削減

性能が優れてる高機能サーバー

安定性(稼働率)で選ぶ信頼性の高い

XServer