メールフォームは必見!で、どうしてる?


webサイトを構築するに当たって、
当然メールフォームも必需品になってくると思うんですが、

特にこれから、webサイトを始める方にとっては
「どうすりゃいいの?」と、気になる部分だと思います。

まぁ、基本的に、サーバーに乗っけるサイト作成ツールにも
関わってくると思います。

例えば、WordPressを使うとなれば、メールフォームのプラグインがありますし、
WordPressで言えば「Contact Form 7」が定番ではないでしょうか

そう言った、サイトを作成するツール・ソフトで、用意されてる場合が多いので、
それを使ったりします。





それに、メールフォームと言えば、
無料で提供してる、外部のツールなんかも無数にあります。



最近では、かなり高機能で使いやすいものも沢山あるようですね。
ここ数年は、無料のメールフォームなんかは使った事ないので、



どれが良いのか、ピンときてないですが、
昔は、「ふぉーむまん」と言う無料ツールを使ってました。今もまだあるようです。



レンタルサーバーのファイヤーバーとかを、使ってる関係で、
ネットオウルで提供してる、メールフォームを覗いてみると、



めちゃめちゃ、いいです。
すごく簡単で、感覚的に使えます。



と言うか、ドラッグ&ドロップで、「名前」やら「URL」やら「住所」やら
とにかく簡単に構成できちゃいます。

画像の説明


いや、ほんと、
最近の無料メールフォームツールは、
優れてますね!


しかも、ネットオウルのメールフォームの、
生成したURLは、共有SSLです。
SSLとは




が、しかし、ただ、
無料ですので、それなりのデメリットも大きいです。

  • 作成したフォームに広告が入っちゃうのと、
  • 作成したフォームのURLが、提供会社のURLになります。
  • 作成項目数などの制限もあります。


    こんな感じです。
    → Netowlメールフォームのサンプル

URLが変わってしまうので、訪問者に不振に思われちゃかも知れません^^;
広告PRも、一番下にしっかり載ってます。



ですので、気になる方は、ちょっと敬遠してしまいます。
でも、ほんと使いやすいのは、使いやすいです。




ネットオウルの、メンバー管理ツールに入ると、
ファイヤーバードとかも含めて、無料サーバーとか、アクセス解析とかの
管理画面がまとまってます。

で、契約・登録をすると、管理画面ボタンが表示される仕組みです。

こんな感じ
サンプル



あ、だけど、別に、ネットオウルで提供してるレンタルサーバーを契約しないと
使えないのかと言うと、そうではないですよ!





エックスサーバーのメールフォームCGI
あと、知ってました?
レンタルサーバーでも、メールフォームを用意してる所もあるんです。



エックスサーバーだと、サーバーパネルから、メールフォームの「CGIツール」を
インストールして、 サーバー上の専用画面でメールフォームの設定を行えます。



至って、シンプルですが、使い方は簡単です。
右のメニューから、好きな項目を「追加」ボタンをクリックするだけ!



ですので、その他のレンタルサーバーでも、CGIのメールフォームを
簡単インストール出来るところもあると思います。



もし無かったとしても、
「フォームメール CGI 無料」と、検索すればいろいろ出てきます。


ですが、インストール・設置などで、ちょっと面倒かもしれません。




当サイトでは、「Quick Homepage Maker」通称「QHM」
と言う、ホームページ作成ソフトを使っておりまして

その「QHM」で用意してる、カスタム性が強いメールフォームを使ってます。
一般的にあまり無い項目の、利用規約の作成やファイル添付作成とかも利用できます。



  • 「QHM」のメールフォームの最大の特徴は、

一般的なメールフォームの機能はもちろんの事、
(予め用意した文言で自動的に返信する機能があるのがメールフォーム)



通常は、webサイトとかで作成して、作成したURLを記述して、
クリックすると、メールフォームに飛ぶ仕組みなんですが



QHMの場合は、メールフォーム作成は、「作成支援」と言うツールで作成して、
作成したものを、必要なコンテンツ(ページ)に貼り付ける形になります。



ですので、メールフォームとしての表現の、クオリティを高める事ができます。
もちろん、1カラムとして、メールフォームを作成する事も可能です。


こんな感じ
→ QHMメールフォームのサンプル


→ qhmプロのhp簡単作成ホームページ作成ツールとは