ネームサーバーの設定方法

ネームサーバーの設定方法です。
サーバー管理者と、ドメイン管理者が異なれば、ネームサーバーの設定が必要!

要するに、サーバーを借りていて、別の管理者のドメインを取得した場合です。
サーバーの移行(乗り換え)の時も、必要ですね


今回はエックスサーバーとスタードメインで、一連の流れを解説していきますが、
他に利用してるものも、大方同じような手順になりますので、参考にして下さい。

ほとんどのサーバーでは、
他社で取得した独自ドメインを使うことが可能です

差ほど、難しくは無いので、流れをつかむだけで、
実際に進める時には、スムーズに設定が出来ると思います。



エックスサーバーに独自ドメインを追加

スタードメインで取得した独自ドメインを、エックスサーバーに追加します。

1. エックスサーバーにログインします。
エックスサーバーにログイン


2. サーバーパネルにログインします。
サーバーパネルにログイン


3. サーバーパネルの中から「ドメイン設定」を選択します。
ドメイン設定


4. ドメイン設定の中から「ドメインの追加設定」を選択します。
ドメインの追加設定


5. 独自ドメイン設定して「ドメインの追加確認」を選択します。
ドメインの追加確認
再確認を求められて、確定で追加設定が完了です。


6. サーバーパネルの戻り「サーバー情報」を選択します。
サーバー情報


7. 「サーバー情報」の中にネームサーバーの情報が記載されております。
この情報は、ドメインの取得した会社で使いますので、メモ帳などにコピペしておく
ネームサーバーの情報
ネームサーバーの情報
エックスサーバーでは、1~5までありますが、大抵2つ位です。


8. 次に、スタードメインの管理画面に移ります。
サーバーに追加した独自ドメインの「ドメイン管理ツール」を選択します。
サーバー情報


9. 管理ツールの中の「ネームサーバの確認・変更」を選択します。
サーバー情報


10. 手動設定の中でネームサーバの設定をします。
先ほどコピペした、情報を記載します。
サーバー情報

スタードメインの場合は、
「ミニバード、ファイヤーバード、クローバー、ウェブクロウ」に、自動設定が行えます。
サーバー情報

確定を選択すれば、ネームサーバー設定が完了です。
サーバー情報


設定後は、DNSの浸透が、1日から3日と言われております。
サーバーの引越しの場合は、こちらも確認して下さい。
サーバー移行のDNSと浸透時間について