データベースとは

データベースとは

たくさんの情報を保管・管理し、
必要に応じて必要な情報を呼び出して使えるシステム

要するに「たくさんのデータを蓄積して、簡単に利用するための仕組み」です。




レンタルサーバーにおいては、
一般的に、「MySQL」か「PostgreSQL」が利用されておりますが、

主に「MySQL」を採用してる事業者が多いかと思います。



では、データベース(MySQL)で出来る事と言えば

サーバーにインストールするタイプの
アプリケーションソフトウェアのインストールが可能になります。

例えば、

  • WordPress(ワードプレス)
  • Movable Type(ムーバブルタイプ)
  • XOOPS(ズープス)
  • WiKi(ウィキ)
  • ZenCart(ゼンカート)


などがあげられます。


要するに、そういったソフトウェア
「CMS(コンテンツマネジメントシステム)」と呼ばれるものですが、

利用するには、データベースが必要になると言う事です。



その他にも、ソフトウェアをインストールして利用する場合

  • ユーザー参加型のサイトを作成。
  • ブラウザから更新できるホームページの作成。
  • ネットショップ(ショッピングカート)を構築。


などなど、



複数のサイトを作る場合には、
それに応じたデータベースの個数が必要になります。


レンタルサーバーの条件により、個数が決まっております。