サーバー収容人数とは


共有のレンタルサーバーと契約する場合は、
サーバーを複数人で、共有して利用する事になります。




要するに、1台のサーバーに、何人で利用するか?
と、言う事になります。



基本的には、この収容人数で、
快適にサーバーを利用できるのかを、ある程度は批評できますが



レンタルサーバー会社では、
「サーバー収容人数」は、全く公開されておりません。



ですが、

サーバーの収容人数を、調べようと思えば
調べる事も、出来るといえば出来るでしょう!



とは言っても、
必ずしも、収容人数で、レスポンスが決まる訳でもありません。



通信機器能力、サーバー構成、ユーザーの作業量などで、
レスポンスが変わってきますので



サーバーの収容人数が多いと、それだけ悪影響を受ける
リスクが多くなると、想定できると言う事です。



ですが、レンタルサバー会社では、
通常、通信機器能力、サーバ構成などに見合った、



収容人数を、設定する事になるはずです。



ですから、一概に、収容人数が多いからと言って、
問題になる訳ではありません。



仮にサーバーの収容人数が
100人と確認取れたとしましょう

じゃ、その100人が多いのか? 少ないのか?




通信機器能力、サーバー構成が優れているのであれば、
100人の人数は、少ないのかもしれませんし



通信機器能力、サーバー構成がショボイのであれば、
100人の人数は、多いと言う事になってしまいます。



と言う事ですので、収容人数によっては、

「サーバーの性能と、収容人数が釣り合わない場合」
「ユーザーが多すぎて、サーバーの処理能力が遅くなってしまう」


など、回線が不具合を起こす事も事実です。



逆に、収容人数が少ないにも関わらず
サーバーに負荷が掛かりやすく、良いパフォーマンスが保てない!



なんて事も、レンタルサーバーによっては
起こりうる事です。



ですので、収容人数は、重要な役割を示しますが
だからと言って、手間暇かけて、人数を調べたところで



評価の基準に、ならないのではないでしょうか



そもそも、レンタル会社は、
収容人数の設定で、事業のコストも変わってくるはずです。



当然、1台のサーバーに、押し込むだけ押し込めば
コストも下がり、低額の料金設定も可能になるだろうし



ユーザーを沢山抱えてる、人気のレンタルサーバーでは、
価格以上のサービスを、受けられる事も出来るようになります。



逆に言えば、あまり人気が無く、需要が少ないレンタルサーバー
聞いた事のない、マニアックなレンタルサーバー



などは、収容人数を多くするしかない!
場合もあるかと思いますので、



その辺も含めて、判断する形が良いと思います。








レンタルサーバーを選ぶ基準として、ここだけは押さえてほしい!

初めての方がコストパフォーマンス以上に優れているサーバーを選ぶ為に、
失敗しない選び方をテーマに、ここだけは抑えて!迷ってる方はチェック

レンタルサーバーの選び方!9っの要素を把握
レンタルサーバー・ドメイン ここが知りたい!失敗しない為に
レンタルサーバーの価格一覧