Cookieとは!役割は何?危険なの?対策は?

Cookie(クッキー)は、ブラウザに採用されている機能

ブラウザが、ユーザーのコンピューター(パソコン)内に、
一時的に、データ(小さなファイル)を「記録・保存」する仕組み



Cookie の役割は
WEBサイトを、快適に利用することが目的で
品質を改善、効率化を支援するために、ブラウザではCookieを採用している


WEBサイトにアクセスすると、Cookieが使用されます

例えば、Cookieによって
あなたの興味が合ったコンテンツを提供できることも可能になる


例えば、ユーザー名・パスワードの入力の際は、
Cookieによって、自動入力をすることも可能になる

そもそも、Cookieが無効になっていると、ログインできません。

当然、WEBサイト上で、編集・更新するWordPressなども
ログインができない状態ということですね!

例えば、ネットショッピングをする際に
「お買い物カゴ」の記録を残すことも、2度目の個人情報の入力もスムーズに!

逆に、Cookieが無効になっていると、オンラインショピングができません。


この様に、WEBサイトと、Cookieは、大きく関わりがあって
Cookieを、利用しないと、非常に不便になってしまいますね!



Cookieは、パソコン内に、情報を保存(蓄積)されると言うことですが

基本的には、300個(個数を超えると古いcookieから削除)上書き保存
有効期限も定めていて、有効期限が切れると削除される

という形で、保存・蓄積されるようです。


但し、Cookieの「有効・無効」はもちろん、任意で設定できますし
Cookieの削除も、ご自身のタイミングで、削除することも可能です



現在のクッキー(Cookie)の設定を確認できます。
クッキー(Cookie)・JavaScriptの確認ページ




Cookie は、危険なの?

Cookieは、危険だ!
と、いろいろ言われている声も聞きますが・・・


確かに、個人情報など、機密性が高い情報を
暗号化されていない場所、パソコン内に保存してることで危険


と言われています。
また、そう聞くと、非常に不安になってしまいますよね!


そもそも、Cookieがセキュリティに問題ある以前に
パソコンが、セキュティ対策を行っていないことが問題で

Cookieに限らず、パソコンのデータ全てが危険と言うことではないでしょうか


ですので、セキュリティソフト等を導入して
しっかり、セキュリティが破られない対策を行っていれば、


それほど、過敏になって、
Cookieは、常に「無効」なんてことしなくても


例えば、


機密性が高い情報を入力した際のみ、Cookieを削除するとか?


ブラウザーの、ログイン情報を使って自動ログインさせない設定にして、
セキュリティの高い、パスワードマネージャーを使うとか?


パソコンにパスワードを掛けて、第三者に使われないようにするとか?


もちろん、セキュリティソフトは必需品ですよね!