キャッシュとは

キャッシュは、一時的にデータを保存、蓄積しておいて、
次回からの要求は、蓄積してある場所から、素早く表示させる

トラフィックに掛かる、負荷を分散するために利用されている


このキャッシュでは、
「トラフィックに掛かる負荷を分散」と言う事なので

様々なものに、採用されて使われていますね!


例えば、各ブラウザーは、キャッシュ(一時ファイル)によって開かれるので
表示速度も素早く、PCのリソースにも優しい仕様になってますね!

要するに、サーバー側からの読み込み時間を短縮すると言うことです
キャッシュは、ある程度たまると上書きされるのですが、削除する事も可能ですね




例えば、Googleの検索結果にも「キャッシュ」の、リンクがありますが
これも、Googleのデーターベースに保存されているものが表示されますね!

一時的に表示できない時でも、検索ユーザーの為にページを表示される仕組みです
再度、クロールされるまで、キャッシュしたページの状態です




レンタルサーバーでも、
トラフィックに掛かる、負荷を分散、軽減させる為に


Apacheのモジュールを活用して、キャッシュを利用し、
転送量を軽減させて、負荷対策を行ってる記事も多くありますね


ただ、中々、知識がないと難しい部分もありますよね^^;